岡西の日記

協力会社レポート

ホームセンターやドラックストアーなどで市販されているティッシュペーパーであるとか、トイレ用に開発されたペーパークリーナーであるとしても、ゴミ箱と同じようにいくらでも流してしまうなんてことをしてしまうとのが便器を利用している方のことをお聞きしますが詰まりの元凶になることですたとえば、用便を済ませた状況で流れるはずの水がうまく流れなくなって水位が上がっているなんて場合には、トイレ側にトラブルが発生しているのではなくて、つまりは排水管側であることが予想されます。それ以外にも、台所の流し台は、食材のクズやゴミなどが流れてしまうとか水あか、カビ類の繁殖の影響で排水口付近は、隙間からの水漏れや排水口の詰まりの発生しやすいところなので十分注意して未然に水のトラブルを発生させないような措置をしておくべきなのです。

水のトラブルは、いつ起きるか予測もできませんし何の前触れもなく起きてしまうケースがほとんどです。ただし、消耗品は省くとしても詰まりなどのトラブルは、事前予防をしておくことによって発生させることを防げるのです。定期的に排水配管の洗浄を行ったりしておけば排水管の詰まりのほとんどは防げると言っても過言ではありません。排水パイプの洗浄には、市販されているパイプ洗浄剤を使うことによって防げますし排水パイプの交換は、容易にできますので古くなった排水パイプは、交換することもできます。ホームセンターに行けば水道用品コーナーに陳列されているので形状に合致する排水ホースを購入してきて取り替えると良いでしょう。もし、形状がわからなければ、事前に取り外しておいて、その部品を持ていき店員さんに見てもらうと間違えることもなくスムーズに交換することが可能となります。

夜間などで水漏れが起きた時にはどうすればいいか?そのようご質問でしたら回答は、元栓を閉める!可能だったら、止水栓を閉じて個別に給水をストップさせればいいとお伝えします。水道の給水さえ止まれば2次災害は防げますし水道料金の高騰すつこともなくなるからです。この様な水のトラブルは、「元栓を閉める!」と覚えておくとよいでしょう。

総合受付電話番号

対応メーカー

出張地域一覧
足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区

北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区

墨田区世田谷区台東区千代田区中央区

豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区