詰まりを起こす前兆とは

排水のトラブルには前兆があるケースがある

トイレつまりの原因には、異物を誤って流してしまったことによる急性の詰まり。少しずつ進行する慢性的な詰まりの2種類があります。急性の詰まりは、異物を除去することが最優先です。自分で取れない場合は、水道業者に修理依頼しないといけない場合もあります。慢性的な原因による詰まりには、前兆が必ずあります。この前兆を見逃さず、早い段階で対処しておけば汚水で溢れ出るといった最悪のケースを回避することが可能です。

便器の水位上昇
便器の水位が高くなっていたら要注意です。そのまま放置していくと、便器から汚水があふれでそうな水位になることもあります。このケースでは、下水管の詰まり、または、便器の中にトイレットペーパーなどが残留していることが多です。

便器の水位が毎日変化する
便器内の水位が高かったり低かったりするケースもあります。これは、排水管または便器内に残留物が残っている場合が多く本格的にトイレがつまる前兆と言えます。

排水すると変な音がなる
排水した時に「ボコボコ」といった異音がするようになったら要注意です。このケースは、下水管にトラブルがあるか、深刻な詰まりが発生している可能性が想定されます。このような症状が出ているケースでは、水道業者に依頼しなければ解決しない程のトラブルであることが一般的に言われています。特に、マンションの場合は、放置することで他世帯に迷惑がかかるケースもあるので、早急に管理会社や大家さんに連絡をしてください。

水が少ない・水が流れない
水が出ない、もしくは出ても少量の場合は、便器よりもトイレタンクに原因があることがほとんどです。タンク内の部品の劣化、破損、ひっかかり等が主な原因となっています。これを放置すると、連鎖反応でトイレつまりを起こしてなくても、後々、トイレつまりのトラブルを発生される可能性が非常に高くなります。トイレの水量は適量にしておいた方がいいです。




全国出張エリア一部紹介
須磨区 神戸市北区 須磨区 神戸市中央区
長田区 灘区 神戸市西区 東灘区
兵庫区

総合受付電話番号