作業の一連の流れについての紹介

お電話から作業終了までの流れ

トイレの詰まり
トイレ(便所)は、欠かすことのできない場所であり必然的な生理現象で一日に何度も水を流す場所です。個人差がありますが使用頻度に比例してトラブルが起きる可能性も高くなっていきます。
トイレの詰まりの一番の原因はトイレに流してはいけないものを流してしまったことで詰まらせてしまったな修理案件が多い。その代表格がティッシュペーパーです。トイレットペーパーがなかったからといってティッシュペーパーを代用しないで下さい。水に溶けやすいものであっても、トイレットペーパーより固くできているので詰まる可能性があります。また、お掃除用のペーパークリーナー等も水溶性のものがありますが、トイレットペーパーと比較して固いので詰まる可能性が高いです。その他、生理用ナプキンを誤って便器に流してしまったり、ポケットの中に入っていた財布やスマートホンを流してしまうことやお子様が誤っておもちゃなどを落として詰まらせることもあります。
ラバーカップ(カツポンやスッポンとも言う。)を使っても解消されないようなトイレの詰まりは、下水管で詰まっていることがあります。小便器で起きた時には、尿石や水垢が原因の可能性も考えられます。臭いがするようでしたらそのような下水トラブルの可能性が比較的高いです。


トイレに水が流れない・タンクn水がたまらないケース
タンクのレバーを回しても水が流れなかったり、チョロチョロと少ししか水が流れないことがあります。洗浄水が流れにくい症状で、トイレットペーパーを少しだけ流してみると排水していかない(流れていかない)ので、そのまま詰まってしまうことも想定できます。タンクに正常に水が貯まらないと洗浄の水が流れにくくなります。まれに、タンク内部にペットボトルや洗浄剤などが入っていると、それが、ゴムフロートに引っかかっていることがありますのでタンク内を点検してみて下さい。また、ゴムフロートが劣化していて隙間から水漏れしている可能性もあります。その場合は、新しいものに交換するといいでしょう。


タンクの給水が止まらない
トイレに水を流した後に手洗い管の水がずっと流れたままになってしまうケースは、タンクレバーのハンドルについている玉鎖が切れていたり外れてしまっていることが考えられます。本来なら、タンク内の水を排水する弁を閉じて止水するのですがそれができない状態だと水が流れ続けてしまいます。こんな場合には、一度タンク上蓋を開けて玉鎖がどうなっているか確認してみるとよいでしょう。


ウォシュレットからの水漏れ
ウォシュレットは、家電製品です。従って、対応年数もあります。長年使っているとウォッシュレット本体やノズル部分から水漏れしてくることがあります。駆動部や部品として使われているゴブ類が経年劣化や汚れによって起きる撮らぬるなので、こんな場合には、製造メーカーのサービスに修理依頼するか販売店に修理してもらうとよいでしょう。また、当社でも修理対応させていただきます。できるだけ、日ごろのお手入れを気をつけて予防するとよいでしょう。


総合受付電話番号