洗面所の修理

洗濯板の排水口に水がたまる
洗濯板とは、洗濯機を置いている台のようなものです。洗濯機から流れたり漏れたりした水が溢れて床を濡らさないように四方が土手になっていて、その内側に洗濯機を設置します。底には、洗濯機本体と排水ホースを接続する排水口が装備されています。洗濯板の詰まりは、下水からの悪臭が登ってくるのを防ぐトラップ部分で起きることが比較的多いので、ここを日頃から綿クズなどを取り除いてきれいに掃除すると排水トラブルが起きにくくなりますし、流れの妨げを取り除くことで排水がスムーズにすることができます。このように予防していてもつまってしまったときには排水管のトラブルが起きていますのでご連絡下さい。


蛇口からの水漏れ
洗面所に使われている蛇口は単水栓のものや混合水栓のもの、2ハンドルタイプの水栓もあれば、シングルレバータイプの水栓もあります。一口に蛇口からの水漏れといっても不具合が起きている箇所によって必要な部品や修理作業が異なってきます。蛇口そのものから水漏れしていることもあればパイプの付け根や蛇口を取りつけている箇所から、水道が漏れ出ていることもあります。このように目視して漏れている箇所の特定が容易にできます。少しでも不安があれば自力修理するか修理業者に頼むことがいいでしょう。


洗面所の床が濡れている
水をこぼした覚えがないのに洗面所の床が濡れていることがあります。こんなケースでは、蛇口などの普段見えているところではなくトラップやパイプなどの水管のひび割れなどがトラブル起きている可能性が考えられます。洗面所の排水管は、Sの字のように曲がりくねっていて封水の役目をしていて悪臭防止や害虫の侵入を防いでいて、水がたまるようになっています。水がたまっている部分は劣化もしやすいのでナットが緩んだりパッキンが劣化したりして水漏れを起こす可能性も比較的高いとされています。ナットやパッキンの交換や配管部分の交換や修理が必要になるケースもあります。つなぎ目から漏れているのでしたら、パッキン交換すると漏れを止めることができますが無理な場合には、排水管交換が必要になってきます。

総合受付電話番号