蛇口修理

蛇口のトラブル修理

水道が出ない・出にくい
蛇口の投水口に汚れがたまってしまうと水道が出にくくなります。これは、蛇口を永くご使用されていてベース部の金属がはがれてたまってしまうことも10年以上使われている蛇口でしたら見られる現象です。そんな水道の出てくる勢いが弱くなったと感じたら汚れを取り除いてみましょう。また、止水栓の閉めすぎで水道が出にくくなることもあります。温水の場合は、冬場の凍結のため出なくなることも寒冷地ですとある現象です。寒冷地でなければ一時的なものなので解凍するまで待つのもよいでしょう。

蛇口の水漏れ
蛇口に使われているパッキンやカートリッジなど、長期間使っているとどうしても劣化してくる消耗品です。水漏れしてくるなと感じでしたら、新しい部品に交換しましょう。また、ナットが緩んで水漏れしていることもまれにあります。こんな時は、締め増すと水漏れが改善することがあります。

立水栓を破損させた
駐車場などに設置してある立水栓(蛇口)に車をバックさせている時にぶつけてしまったり、物を当ててしまって折れて破損させてしまうことがあります。勢い良くぶつけてしまうと水道からものすごい勢いで水が噴き出るので早急に修理する必要があります。このような場合には、水道の元栓を閉じることでとりあえず上水道を止めることができますが宅内全部が止まってしまうことになります。できるだけ早く折れてしまった立水栓を修理する必要があります。また、今後はこのようなトラブルを防ぐために蛇口の周囲に車止めなどを設置しておくといいでしょう。

蛇口の水が止まらない
止水栓が設置されている箇所でしたら、止水栓を閉じることによって止めることができます。それ以外には、水道の元栓を閉栓するしかなく、その場合には、宅内全ての水道が使えなくなります。従って、できるだけ早めの修理が必要になってきます。

総合受付電話番号