トイレのトラブル

トイレの便器でトラブルを起こすケース

トイレの修理受付で一番多いのがトイレのつまりによるトラブルです。トイレ詰まりで多い原因として、紙類(オムツ他)を流してしまいつまらせるトラブルです。このケースは、トイレが詰ってからではいくら水を流しても解消される見通しがまったくありません。ラバーカップを使うと反対に状況が悪化してしまいますので詰まってしまった時は、そのままの状態でスグに専門業者にお電話して下さい。次にトイレのつまりで多いのが携帯電話を落としてしまったトラブルです。ズボンのポケットから落下させて水を流してしまったというケースが多い。この場合も、トイレの奥まで流れてしまってからでは自己対処は、ほとんど出来ませんので専門業者に修理依頼することをお勧めします。トイレが詰ってしまったのだが何を流してしまったか分からないケースは、一度、ご家庭にあるラバーカップで詰まり抜きをしてみてください。それでも改善されない時は、無理に排水を流したりせずに専門業者にお問い合わせ下さい。子供がトイレに誤っておもちゃを流してしまった場合やトイレの飾りが誤って流されたケースなど様々ありますが、トイレの詰っている箇所、詰ったものを特定できるのでしたら業者に事前にお話しすることが一番効率が良い対処策となります。



全国出張エリア一部紹介
奈良市 生駒市 天理市 大和郡山市
香芝市 宇陀市 橿原市 葛城市
五條市 御所市 桜井市

総合受付電話番号