工事(修理)の事例集

水まわりトラブル事例集

トイレタンク内部で給水が止まらない
設置してから25年以上経過した古いタイプのトイレタンク内でポタポタと水の音がしていて見てみたら給水が止まらなくなったということで修理依頼をいただいた案件です。壁面に取付けしている三角形型のトイレタンクですが今回のものは、その中でもかなり年式の古い集合住宅用のプラスチックタンクでした。この隅付タンクタイプのものは、現在適合部品もほとんど出回っていないものもあります。不具合が起きた個所によっては、部品を加工して取付しなければいけないこともあります。一般的に使用される頻度の多いトイレ部品については、常時在庫として用意していますのでトイレ水漏れトラブルが起きた際にはお気軽にご相談ください。


タンクの手洗いから水が出てこない
タンク上部にある手洗いから、数週間前から水がでてこなくなってしまったということで点検のご依頼をいただきました。トイレタンク内部の部品各所を点検したところ、給水部分に設置されている部品が劣化して給水の供給量が制限されていたため、水の勢いが抑えられていて手洗い部から水が出てこない状態になっていました。簡易的な水道管や部品の内部にゴミが詰まり除去などで水量改善するケースも多いのですが、今回は、改善できな構造だったので部品の交換にて作業完了してました。


洗浄便座交換
トイレの洗浄便座(ウォシュレット)のどこかわからないけど、水漏れがしているということで洗浄便座の修理にお伺いしました。トイレ修理の案件です。点検してみると、ウォシュレットが設置されていて本体内部から見れていることを確認。家電電気製品のため内部からの水漏れの場合には、製造メーカーで修理が必要ですが大手メーカーで家電修理をしていたこともあって勤務していた同じ会社の製品だったこともあり分解点検してみたところ、洗浄ノズルと貯水タンクをつなぐ部品が悪くなっていることを確認して、その部分の一式交換になることをお客様にご報告したところ、既設タイプで古くメーカーの部品在庫もない可の姓が高いし修理しても長く使える見込みがない修理しても仕方ない(耐久年数から10年以上経過してる製品)ようなものだったのでお客さまと相談の上、洗浄便座本体を新品に取替えてしました。家電製品で水まわり製品ですから、基本的に耐久年数を過ぎていれば新品交換した方がメリットあるケースが多いといえるでしょう。

トイレの給水管漏れ
屋外トイレで水道管がから漏れていて床がべちゃべちゃになったというお客さまからのお電話を受けお伺いした事例です。水道配管を包んでいる保温材を剥がしてみると、内側から出てきたのは表面腐食して水漏れしている鉄製の水道管でした。昔ながらの鉄製の水道管は、管内も管の外側もともに年数が経過すると腐ってきます。腐食が進むにつれて水道から赤水やすす汚れのような汚い水が出てきたり、今回のような水漏れが発生してしまうことになります。鉄で製造されている水道配管が水漏れした場合には、修理方法は、水漏れしている箇所によって異なってきます。一部のみを修理用部材で止水することができる場合もあれば前後の距離をとって配管を取り換える必要が出てくることもあります。実際の配管状況により大きく変動してしまう修理になりますので詳しくは状況次第となってきます。

総合受付電話番号